サイコブログ

サクッと読める

イナズマイレブン オリオンの刻印 第4話感想! 卑劣すぎる一星⁉ 鬼道の怒りが頂点に!

どうも皆さんサイコくんです!

 

今回は「イナズマイレブン オリオンの刻印」
第4話『笑う一星』の感想をまとめていきます。

関連記事も多数まとめているのでよかったら見てください!

 

www.psychokun.site

www.psychokun.site

 

※ここからはネタバレ含みます

 

☆第4話 感想

韓国戦に勝利したものの、エース豪炎寺さんが例のごとく退場し、お怒りの鬼道さん。

趙金雲監督に一星のことを聞きにいったが流されてしまいます。

f:id:SHINOO:20181203212803p:plain

f:id:SHINOO:20181203212810p:plain

明らかに怪しい一星と練習している円堂のもとへ、運よく鬼道さんが遭遇。

ボールに針を仕込むという悪質すぎる方法を見逃さなかった鬼道さんの一声で何とか回避しました。

さすがにこれはやりすぎですね。(笑)
直接的すぎて影山総帥が可愛く見えてしまいます。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212815p:plain

f:id:SHINOO:20181203212858p:plain

f:id:SHINOO:20181203212902p:plain

ここで鬼道さんは西蔭に一星を見張るように依頼します。

確かに、寡黙で有能な西蔭はかなり適任ですね。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212905p:plain

ヒロトと練習していた灰崎は、焦りのせいでうまく噛み合っていません。

それを見ていた一星がヒロトをおだてて灰崎と仲違いさせようとしますが流されます。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212910p:plain

f:id:SHINOO:20181203212912p:plain

今作では『孤高の反逆児』要素が一つもなく、ただ有能な不動さん。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212916p:plain

今度は雷門メンバーのもとへ、嘘のオーストラリアの映像を持ってきた一星。フィジカルのトレーニングという名目で無理な特訓をさせ潰そうとします。

クズ過ぎて今のところ救いようがないね。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212924p:plain

f:id:SHINOO:20181203212930p:plain

f:id:SHINOO:20181203212937p:plain

前回の韓国戦と同じように、監督によってお使いを頼まれた代表メンバー。

全体的に青いですね。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212941p:plain

案の定、子分の無敵ヶ原富士丸にボコボコにされる代表メンバー。

5人相手で取れないってどれだけ強いんだって思いますよね。(笑)

f:id:SHINOO:20181203212947p:plain

f:id:SHINOO:20181203212952p:plain

f:id:SHINOO:20181203212956p:plain

師弟関係がほほえましい鬼道さんと灰崎。

今ではすっかりサッカー少年になって純粋に頑張っている灰崎に過去の自分を重ねていますね。

f:id:SHINOO:20181203213000p:plain

f:id:SHINOO:20181203213004p:plain

鬼道さんは灰崎に「日本代表のエースになると思っている」と言葉をかけてあげたところに愛を感じますね!

今作の鬼道さんは過去作以上に有能すぎて、頼りになりますよね。(笑)

f:id:SHINOO:20181203213009p:plain

もはやストーカーレベルでどこにでもいる一星。(笑)今回で株を落としすぎてもう好感度の回復は絶望的です。(笑)

次回はついにオーストラリア戦ですね!

f:id:SHINOO:20181203213011p:plain

www.psychokun.site